無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月25日 (水)

AT46回目。

「胸郭の自由さ」


「どうしよ~かな~」と言いながら、胸郭に手を置いた。

ずいぶんと、ド根性ガエルのひろしくんみたいに、いつも胃のあたりが前に押し出されている感じは無くなっていた。

最初の頃は、胸郭にアクセスされた日は、胃がおかしくなりそうで実際に「きゅー」と絞られてる感じがしていた。

最近は全くない。むしろ、余計な腹直筋も取れてきていた。


胸郭から、やっぱり肩へ移動する。

ふむふむ…

今日は随分とゴーカイに動いている。

三角筋の肩甲骨側だろうか・・・

うりゃうりゃと、へなへなにされている。

思わず声をあげたワタシ。
「えええええ~!!そこってそんなに細かったんだ…wobbly

そう、いわゆる「肩周り」の事。

きっと1サイズ細い服が着られるぞ・・・とニンマリするほどゆるゆるでほっそりな感じ。

更に、筋肉が緊張していないので、肩が落ち、首が長く見える。

更に言うなら、胸郭が下がり、呼吸がしやすい…もとい、「息がしっかりと入ってくる」

今なら、バレエの「内臓をしまう」が出来る。

で、また気づく。

「引き上げよう」としたカラダは、逆に反りになる。

胸郭が上を向き、いわゆる「肋骨が開いた」状態になる。

そこから、引き上げようとすると、更に反った状態になる。

ゆえに、バランスは取れない。

オフバランスをメインのバランスとして使わないバレエにおいて5ミリ、1センチは命取り。


セッションが終わってみれば、首が長くデコルテはスッキリ。

ウエストが明らかに細くスッキリしていた。

体重は変わらなくとも、サイズダウンは可能。

そして、本来それは、誰にでも出来る事なのである。

不可能にしているのは、ほかならぬ自分自身なのである。


あああああ~。

カラダは、すっきりして、「使えるカラダ」ではあるが、技術が伴うかは全くもって別。

この日、レッスンに行って「無駄な、余計な力」は入らずに良いが、技術面がアップするはずもなく。

カラダができても、技術面ははやりコツコツ仕上げるしかないのであった…

「カラダが変われば技術も変わる」否定はしない。

しかし、「努力」はやはり不可欠なのである。

子供から習おうが、大人から習おうが、同じである。

近道はないのであ~る!!!!!

…自分への戒めの為に書いてみたdash

ピラティス48回目。

およそ1カ月ぶりの朝ピラティス。

一昨日に受けた、ジャイロのおかげか状態は悪くない。

ただ、このところしょっちゅう「ぎっくり腰」の如く、「ぐきっcoldsweats02」となるのである。

普通に座っていてもなるので、困っている。

ずっと、「左」が変だと思っていたのが、「右」に変化している感じだ。


この日もやっぱり、ポールに寝るが、手すら離せない・・・sweat01がっくり。

肩関節と股関節を緩めてもらう。

腸腰筋を活性化させる。

呼吸のキャッチボール等々…

終わってみれば、やはり左右差がほとんどない。

どんだけ、普段歪む生活をしているのか・・・とがっくり。


ふと、気付いたのが世の中って基本的に「右利き用」にできている。

自分、左利きなので自然ではあるが、不自然な動きをしていることがある。

というより、その動きをしないと生活できないのである。

なんせ、右利き用の世の中なので・・・

少なくとも、原因の一つにはなっていると感じるのです。


帰って来てから、トウシューズのチェックをしつつ、ポアントで立ってみた。

アチチュード・デリエール…まっすく立てるじゃんwobbly

歪み具合にさらにびっくりしたのは言うまでもない。

さてと。

ポールに寝るかな…

2012年4月 9日 (月)

AT45回目。

前回、右肩にアクセスしてもらい、ユルユルになりました。

その後のレッスンでは、左右の肩甲骨の動きが違い、良いような悪いような・・・coldsweats01

いつもなら右はもとに戻ってしまうのだけれど、「楽に動かせる」「無駄のない動きが出来る」がお気に召したようで、思ったほどもとに戻らなかった自分のカラダ。

気持ち悪い左右差を取り除くように、左をお願いしました。

前回同様、引っ張り出され、戻され、上へ下への大騒ぎ。

とは言え、前回程の驚きはありませんでしたが、「知らなかった感覚」が。

もともとは、自分の動きとしてあったんでしょうが、ものごころついた時にはすでに「そんな風に動かなかった」気がしています。

だから、自分の感覚としては、「新鮮」

始めての体験ですからねcoldsweats02



30回目を過ぎたあたりから必ず思うのは、ハンズオンしてからカラダ(筋肉)が変化するのが早い。

今回も、またどんどんどんどん動く。

自分で動いているのか、はたまた「ぐいぐい動かされている」のかと感じるほど早い。

この日、お風呂に入った時に鏡に映る自分の肩のラインにニンマリした。

「逞しい」から、少しだけ離れた気がするhappy01




あとは、何もしなくても立派に育った、腕とう骨筋を自分でほぐすこと。

上腕の筋肉が本来の位置へ戻って行き、余計な力がかからなくなっている今がチャンスsign03

解してユルユルになりやすくなっているので、後は自分でケアするのみ。

今年の夏は、腕を出しても「逞しいheart04」「うらやましいup」と言われずにすむでしょうか。

私の腕はその辺の、草食男子よりよっぽど男らしい・・・

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »