無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月23日 (金)

AT44回目。

花粉症の症状軽減に薬を使うのはどうなのか・・・

先日の肘・手首・かかとの痛みに注射をしたのが良かったのかどうなのか・・・

の話からスタート。



「じゃあ、ちょっと肘を・・・」と右ひじをハンズオ~ンhappy01

詰まった肩周りが外へ引きはがされ・・・と思ったら、中へ戻って来た・・・と思ったら後ろへいったり、前へいったり・・・
どうやら、肩甲下筋らしいcoldsweats01

更に、右をハンズオンなのに、左の腰方形筋がむにゅむにゅしてきた。

そして、仙骨尾骨あたりがもぞもぞと・・・

私には「やっと気づいてくれたのかぁ・・・crying遅いよ~。」とカラダの声を聞きました。
すまんかったね~crying



以前も感じたのは、ワタシは先生の手がリードして動かされている感じなんですが、先生はそうではないようで「ついて行ってる」のだそう。

この感覚の違いがいつもながら楽しいnotes


終わってみれば左もゆるゆる~happy01

右は、今までになかった感覚。

次回、反対も・・・ですってlovely

楽しみです。

2012年3月16日 (金)

AT43回目。

1回飛ばし、更に2か月程お休みしていた。

お休みの2か月の間、LIBのクラスを。

これは、機会があれば別でUPしよう。

43回目は、そのLIBを受けてからの思いや疑問からスタート。

人に触れるときに、「自分」を出すと相手は拒否をする。

では、自分に触れるときにもそうなのか?

という疑問を投げかけてみた。

どうやら、ハンズオンの範疇になってしまうようだったが・・・

自分が柱に手を置き、先生が自分にハンズオンする。

やっぱり、動かされている気がするけど、先生曰く「ついて行っている」と。

ふ~んthink

ほんと、人のカラダって、人の感覚って不思議だ。

それから、自分の手で自分のカラダに触れ、カラダの赴くままに動いてみる。

大まかな動きは自分で意識していたものの、「最終形は考えない」との事だったので、「こうしたかった」動きをスタートするときと同じ体勢から始めてみた。

実際、「こう動きたいな」と意識して動いた部分はあったものの、カラダが動こうとする方向について行ってみた。

ロールアップしてくる時・・・

肩甲骨の下付近に力が入ってしまう事に気づき、止めてみた。

そうすると、腰椎か胸椎かの辺りがウニュウニュと動いていた。

動き終了まじかでは、胸椎の6番・7番辺りを動かそうと、首や顎に力が入る。

で、止めてみる。

肩甲骨がスルっと下に下がり、呼吸が楽になった。

動きとしては「自然だった」とのことだったが、自分では動きと関係ないことで、気づいた。

ATをダンスに取り入れるのは、正直難しいと思っている。

ATを受ける事で、カラダが変わるので、踊り方は自然と変わってくるが。

AT自体を組み込むのは、出来なくはないが難しと思っている。

今回、自分で動いてみたこの動きは、普段エクササイズに入っている動きだった。

普段の動く速さで、カラダの変化に気づいたりすることは難しいので、時々ゆっくりと動きながら確認すればいいんだ…と。

別物・・・ではないが、別々に考えて行けば、この先自然に、組み込まれていくのではないか・・・と思った。

これに関しては、だまっていた。

少し、自分の中で温めて、聞いてみようと思う。

ピラティスもATも、ようやく自然にダンスに組み込めるようなカラダになって来たのかも知れないな。

遅っimpact

ピラティス47回目。

1年ぶりのピラティス。

予約カードを見たらちょうど、4月8日が最後だった。

そして、このブログを見たらやっぱり1年前だったcoldsweats01

腰回りが硬いのはいつものことなので、正直、そんなに調子はわるくないと思ってた。

ま、いつもいう事だけど。

で、カラダとしては「調子わりーんだよpunch」って訴えている。

でも、調子が悪いっていう時は、本当にカラダが動かない。

「痛い」とは別で。

さて本日の最初、ストレッチポールに乗ってみる。

あああああああ~。

ああああ・・・

もう、全然手が離せない。

バランスが相当崩れている様子。

丁寧に丁寧に、左右調整してもらって、大腰筋を活性化させて・・・

なんてカラダが楽に動くんでしょうか・・・

また、ちゃんと通いますよ~sweat01

そして、改めて反省する。

ストレッチ教室で皆さんにお伝えしているセルフケア等は、基本的に日々運動しない方用。

自分、それだけじゃ賄えないのである。

ましてや、筋肉が「われ、がんばっちゃるangry」と出てくるタイプなので、鍛えるどころか逆にオーバーユースになってしまう。

アラフィフ・・・ちゃんとケアしないとねscissors

« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »