無料ブログはココログ

« AT39回目。 | トップページ | AT41回目。 »

2011年10月19日 (水)

AT40回目。

ホントに調子がいい。

もちろん、痛いところが無くなったわけではなく、相変わらず腰は引き裂かれるような痛みがしょっちゅう出るし、カラダは硬いし・・・ま、これは一般的に言ったら柔らかいんだけどね。

そんなことで、「どうですか?」と聞かれてもいまいちぴんと来ない。

そして、動きにくい動作も探せない。

前回、開脚から腹這いになる動作をスムーズにできるようになりたい話をしていたので、

結局そこに落ち着いた。

椅子に座って、肩にハンズオン。

背中、骨盤、股関節と移動して行く。

背中の広がりが出てきた。

前面はカラダの中心に戻ってくる感じ。後ろ、背中は上へと上って行った。

と、同時に下へ降りてくる処もある。不思議な感覚。

更に、骨盤は末広がりな感じ。これまた、不思議。

途中でベッドに変えて、続く。

先生の「大丈夫?上がりすぎちゃった?」の声に、少し戻ってくる。

実は、そのままだったらたぶん上がって行っちゃったと思う。

それはそれで、楽しい経験だったかな・・・ちょっとだけ、残念bleah

背中の広がりがあった後だったので、呼吸が楽になる。

クビというかのどのあたりを「楽にできる?」と聞かれる。

やっぱり、そうだったか・・・

最近、言えずにいる事がいくつかある。

これがたまりすぎると、ワタシの首は動かなくなるwobbly

よかった、早めに気がつけて。

先日、某番組で横隔膜が硬くなると腰痛になる・・・と、みぞおちあたりをぐりぐりされて絶叫しているシーンがあった。

もちろん、間違いではないし、それが有効な場合もあるし、好きな人もいる。

ワタシは、あまり好きではない。

だって、セッション終わってみれば、みぞおちがプヨプヨになってたものscissors

痛い思いをしなくても、カラダは変わる。

余談ですが、当然、その日のレッスンは楽々アラベスクでした。

« AT39回目。 | トップページ | AT41回目。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/239768/42587999

この記事へのトラックバック一覧です: AT40回目。:

« AT39回目。 | トップページ | AT41回目。 »