無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月15日 (土)

ピラティス28回目。

もお~、調子がいいはずなのに外側広筋がバンバンwobbly

「自分でローラーでほぐして~heart04」と言われ、まずはストレッチポールでゴロゴロしながらほぐします。

「あ"~sad」「いだだだ~crying」とか大騒ぎしながら、トレーナーAさんと雑談を・・・

「あ~upスケッチャーズのせいだわ~wobbly」とか言いながら。

いえいえ、それだけが理由ではありませんけどね。

「何か気になることはありますか?」と尋ねられ・・・

「(突然言われても・・・)・・・・・・・・おおおお~。左足首の不安定さが・・・」ということになり、

本日は足首付近がメインです。

久しぶりに骨格模型の足部をまじまじと見つめ、頭に叩き込む。

みなさんどうなのか知りませんが、やっぱり立体で見る方がイメージしやすいですねheart04

人に説明していることと、ほとんど同じことを言われているのに、今日は一段と頭にすんなり入ってくる。



足関節を動かし、良い位置へ移動させる。

覚えさせる。

いくつかトレーニングを行う。

・・・・・

・・・・・

バランスがいいgood


左足が内反して、右足が外反しているワタシの足。

左側がわかっていたけど、右側が外反しているとは以外・・・

どうりで、右足首が良く動くはずですcoldsweats02

毎回毎回、自分の弱点を知ることができて、面白いです。

「○○○だから、できないんだよね~happy01」とにっこり笑っていたことが、原因は別のところにあったりする。

面白い。

本当に面白い。

だから・・・

やめられないheart

2010年5月10日 (月)

AT17回目。

もうすぐ、20回になるな~。

ピラティスにいたってはもうすぐ30回になる。

あるボディーワークは10回1セットなんてのもある。(知識不足なのでこれ以上はわからないけど)

そして17回目のワークでは、いままで自分でやらなかったことをあえてやってみた。

毎回言われるのが「やらない」「しようとしない」なのですが、これが結構厳しい。

しらない内に、無意識にがんばり過ぎてカラダを使っているので、力を使わなくてもそこに居られるという事が「不安」で仕方がない。

少し前からその「不安」がなくなって来たので、いつもリードされるままにしていた。

脊柱がにゅるにゅると長くなり、一番上に頭が「ぽこっ」と乗っかる。

不安定さが心地よく、逆に安定感がある。

この日も、そんな感じをつかみながら「今日は何もしない」という先生のことばを受け取り、ワタシは、逆に手に触れてみた。

ん~と。

少し前に受けたワークショップを思い出した。

ハンズオンされている個所で、先生の手を触れてみた。





おおおおおおおおおお~coldsweats02

カラダが大きくなっていった。

自分の中に空気が入ってきた感じがする。




お互い何もしていない。

なのに、変化がある。

へ~。

改めて、驚く。そして、楽しい。

物事って何度も体験すると、「そうなんだよね~(ふっふ~んbleah)」なんて奢っちゃったりするんだけど、このワークだけは毎回驚く・・・そして、楽しい。

毎回変化に、微妙な違いがあり、新しい気づきがある。

単純に・・・・

トレーナーになる人はホント、大変でしょうな。

今回はちょっと、面白い話で終わりました。

自分の思考を観察してみたいと思います。

2010年5月 2日 (日)

AT15回&16回・・・そしてピラティス26回目&27回目。

律儀に毎回書く必要なんてないんだろうけど、一応「続けよう」と思えているので…

とはいっても、忘れちゃうし、今回に至っては1カ月ほど放置状態thinkなので「受けた」という記憶のために書くことにした。

ATの方は、肩甲骨が自由に動く感覚、頭が浮く感じがなんとなくつかめている気がしている。

「気がしている」というのは、「あっている」感覚がわからないから。

ただ、先生の「そうそうconfident」という言葉のときに感じている感覚を何度か経験できているので「そうだろう」ということにしたい。

本当にカラダというのは、人其々なのだと、自分の体を通して感じている。

例えば、自分のカラダで「呼吸が楽になる位置」とは、「居心地のわるい場所」でしかない。

別の言い方をすれば、実は居心地の悪い場所が「楽な場所」だと理解できない。

そうすると、何も体に施さなければ「(実は)居心地の悪い場所」が「(意識の中での)居心地の良い場所」になる。

でも、逆からみると、「居心地の良い場所」にいるということは「(例えば)楽ではない」ということになる。

しかしながら、「楽ではない」状態が続くと、体が不調を訴えるのかそれとも、慣れてしまうのか・・・わからない。

だいたいが「不調が出るでしょう」とはいうものの、それが本当なのかさえ疑問に思うこともある。


う~ん。

・・・・・・

ま、あまり真剣に考えると頭がパンクするので、自分のカラダのことは自分のカラダが思うようにすることにしている。

・・・・そうしてみると、「居心地の悪いところ」にいることが「居心地が良くなって」くるから不思議だ。

惑わされてはいけない。

すべてにおいて惑わされてはいけない。

人のカラダ(心)はそれぞれ違うのだから。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »