無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

AT11回目。

先日までの不調具合を話し出しながら、セッションが始まる。

数年前に体調を崩したときのこと、両親のこと、子どもの頃のこと・・・etc.

話し出すと「ああ、やっぱり・・・」とか「あ~。そうか。」など、気付くことも多々出てくる。

やっぱり、この理論立てていう意見は、子どもの頃に身についたようだ。

そして、「嫌だ」ということが苦手。

何処かで「負け」と思っているのだろうか・・・

そう話しながら「そういえば、あ~もうダメだ・・・と思っても、やればいいんでしょっangry」と言いながら、こなしてしまう自分が居ることを思い出した。

そりゃ、「良い加減」が苦手なわけだ。

30分ほど話し込んだあと、ハンズオンを受ける。

いつものような、いきなりの「ぶうぉ」っと広がる感じはなかなかやってこない。

そして、「やっぱり、ベッドにしよ~っと」で横になる。

正直、立っているより自分の意識とカラダが楽。

カラダに触れられている手がより感じやすく、自分のカラダも素直に反応してくれる気がする。

今回も股関節が詰まり放題。

胸郭が上がりっぱなし。

・・・sweat01

それでもカラダは、「ホントはつらかったんだよ。」と思っているらしく、素直に別のところへ向かう。

以前は、胸郭を元に戻すと、胃をえぐられている感じがしてとても居心地が悪かった。

が、最近ようやくなれて来て「これもありだな」と思えるようになった。

これに関しての課題は「体感すること。そして、気付くこと。」

更に、今後の課題として「しないことをしてみる」

来た・・・・gawk

以前、整体師仲間が言っていた。

「なんじゃそりゃ」って思ってたけれど、いまなら分かる。

「しないことをしてみる」そして何をしなければ、そこに居られるのかを観察する。

・・・・・むむむむむむ・・・・・むむむ・・・

むずかしい~っsweat01

まあ、いいや。

たのしんどこ。

2010年1月25日 (月)

ピラティス22回目。

受けたのは、先々週ですsweat01

今年初めてのセッションはやっぱり、ほぐしから…sweat01


アレクサンダーのセッションでも言われているのですが、一番の原因はどうやら、やっぱり、腸腰筋bomb


この日のセッションが終わってから、いい加減に、自分でもほぐしてますsweat01
他力本願…では対応出来ないのだ。
直ぐにカチカチになってしまうので、本来のピラティスセッションが出来ないのであるcoldsweats02
ただ、ひたすら努力あるのみ…
継続は使えるカラダなり。


で、セッションは…

だんだんと難しい事になっていて、動かした事の無いような動かし方に遭遇する。
そんな時、期待と希望とにワクワクするのですが…

速攻、打ち砕かれ…

また今日も、新しい筋肉達と遭遇するのですsweat01


知らない事や知らないモノに出会う事を楽しんでいます

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »