無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月24日 (火)

ピラティス19回目。

もうすぐ20回になるこの日は腸腰筋。

そういえば…
前回のATでもそこにアプローチしたっけねぇsmile


ここがフリーになると、ターンアウトもしやすいheart01
大転子が後ろに向くのが良く分かる。

大転子の向きがちゃんと変わるっていうことは足の指先にもちゃんと体重が均等にかかる。


股関節が痛くならないし、スムーズに動く。


でもさ……

立った時に使えないとダメなねよねぇcoldsweats02

2009年11月13日 (金)

AT7回目&8回目。

7回目。ロビンさんのセッションを受ける。

きっと「何がしたい?」と聞かれると思って、自分なりに考えて行った。

LIBのセミナーを受けそびれた私は、上半身と下半身がバラバラになってしまっていた。

そのことを話し、すぐに始まった。

あれよあれよという間にカラダが変わっていくwobbly

上から圧迫されきっていたかの様に感じるほど、脊柱がにゅるにゅる~と伸びたup

視界が違うeye

カラダのラインが違うheart

ハア・・・・ある意味、凹む。


次に、腕を上げると三頭筋に力が入り、首から肩にかけてタックされてしまうことを告げた。

「卵形の胴体があってね」

「肩甲骨と鎖骨の羽織を着てる感じ」

「前の羽と後ろの羽」

あああああああ・・・・・・・wobbly

腕が軽い。そして良く動く。

更に気付いたのは、肩甲骨&鎖骨が動かないと腕を動かした時、頚椎を潰すことに繋がる。

そして、それに伴う筋肉が全て緩まったことで、立つことも歩くことも楽にできる。

はあ・・・・・

夢を見ているようだsweat01






翌日(本日)8回目。

今日はいつものワーク。

ほぼ1ヶ月ぶりだったけれど、昨日でカラダとしてはかなり緩まっていて、いい状態だ。

昨日の復習がてら、「うで」の日になった。

2つの翼を感じながら、何もしない。

すると、やっぱりニュルニュル~っと脊柱が伸びる。

1つ自分で調整しているとすれば、頚椎1番への意識を少し変えている。

骨格的に「どう動く」ではなくて、感覚として「空気を送り込んでいる」感じ。

送り込んだ空気が上昇するにつられて、にゅるにゅる~っと。

鏡にうつる自分を遠目に観察する。


あれ・・・

あれあれ・・・・

あれれれれ・・・・coldsweats02



ウエストの位置が高くなっている。

太ももが反対側より細い。

何より脚の形が違う。

えええええ~、脚がまっすぐだ。

ひとしきり喜んで反対側へhappy01

誰かと手をつないでいる感覚。

前後の2つのつばさ。

先生に腕を持たれている。

自分で動かしてはいない。

手を離されたら、ドッと落ちると思ったら、キープしていた。

そのキープは、力や筋肉を使っている感覚はない。



あ~、カラダを動かすってもっとシンプルだったんだ。

と思ったAT8回目でした。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »